モグニャン 下痢 便秘 解消

モグニャンでうんちの臭いが変わる?フードと臭いの関連性とは

 

排泄物の臭いは摂取する動物性タンパク質の量で決まると言われています。

 

猫は肉食動物なので、一日にたくさんの動物性タンパク質を摂取することから人間や他のペットよりも排泄物が臭くなってしまいます。

 

さらに猫は自分の体の臭いを飲み込んでおり、体臭がほとんどしない分、排泄物に臭いが出てしまいます。

 

猫はとても可愛くて魅力的な生き物ですが、飼っているとどうしても排泄物の臭いは気になりますよね。

 

白身魚たっぷりのモグニャンは質のいいタンパク質が豊富に含まれていますが、実はこの白身魚を含む原材料が、排泄物の臭いを抑えることにつながるのです。

 

気になる猫のうんちの臭い、キャットフードとどのように関係しているんでしょうか。

 

愛猫の健康を願うなら食いつきもバッチリなモグニャンがお勧め!

 

こちらの記事でも少し触れていますが、レギュラーキャットフードと呼ばれる安価なキャットフードは、穀物や添加物など猫の排泄物を臭くしてしまう原材料を使用していることが多いです。

 

猫は穀物の消化を苦手とするので、穀物をたっぷり使用したキャットフードを与えていると、消化不良を起こし便秘になってしまうことがあります。

 

腸内に長時間溜まった排泄物は悪玉菌が増殖し、アンモニアや発がん性物質などを発生させます。

 

これが排泄物が臭くなる原因です。

 

添加物も自然由来のものでない場合、消化するのが難しいとされています。

 

 

>>モグニャン100円モニターへの参加はココ!

 

 

モグニャンで便秘解消?消化の良さが決め手!!

 

第一原料が肉や魚で作られた消化の良いフードを選んであげると便秘も解消され、結果臭いを抑えることが出来ます。

 

そのほか臭いを緩和するものとして、さつまいもなどの食物繊維を多く含んだ食材が挙げられます。

 

猫のうんちの臭い、便秘で悩んでいる方にお勧めなのが、新鮮な白身魚をたっぷり使用して作られたモグニャンです。

 

タンパク質を多く含む食材の中でも白身魚は特に消化吸収が良く、便秘の解消につながります。

 

さらにモグニャンは穀物を一切使用しない代わりにさつまいもを使用し、食物繊維を摂ることが出来るように作られています。

 

 

他にもカボチャやハーブティーにも使われるセイヨウタンポポなどで、臭いだけでなく猫の腸内環境を整え、スッキリをサポートしています。

 

モグニャンの原材料名一覧
白身魚63%、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン(西洋タンポポ)

 

ちなみに、急にキャットフードを変えると、軟便になったりお腹を下してしまう猫もいます。

 

せっかく良いものを買っても、ご飯の変化に対応しきれず猫が体調を崩してしまってはかわいそうですので、敏感な猫には少しずつ新しいフードを混ぜて与えると良いでしょう。

 

お腹の調子が悪い時や便秘の時の辛さは、わたしたち人間も猫も同じです。

 

猫が毎日食べるものだから、お腹に優しく消化の良いモグニャンで、愛猫のお腹をサポートしてみませんか?

 

 

>>モグニャン100円モニターへの参加はココ!