モグニャン お試し 100円モニター

モグニャンお試し100円モニターはここで募集しています!

カナガンでお試し100円モニターを募集しているので、モグニャンでもお試し100円モニターが募集していると思って探していませんか?

 

私も一生懸命ネットで探してみました。

 

ですが、いくら探しても見つかりませんでした。

 

ネットでいくら探しても見つからなかったので、モグニャンキャットフードの輸入販売総代理店のレティシアンに問い合わせてみたところ、モグニャンキャットフードではモニターは募集していないとのことでした。

 

この回答にはけっこうビックリしたのと、カナガンでは100円モニター募集していたのに、何でモグニャンキャットフードはモニターを募集してないんだろうと、不思議に思いました。

 

ですが!!

 

【追記】
ついに、2017年6月8日からWEB限定先着1,000名様でモグニャンのお試し100円モニターの募集が開始されました!!
期間限定ですのでこのチャンスを見逃がさずに申し込みましょう!!

 

今すぐモグニャン100円モニターに応募したい方は必見!

※このサイトでは100円モニター専用のモグニャン公式サイトをリンク先として紹介していますが、今後、募集人数に達してモニター募集が終了してしまうと、通常のモグニャン公式サイトが表示されますのでご了承ください。

 

〜もくじ〜
モグニャンお試し100円モニターはここで募集しています!
モグニャンの口コミと評判
モグニャンの原材料と成分、期待できる予防と効果は?

 

モグニャンでもついに100円モニターの募集が開始されましたので、100円モニター専用公式サイトでモニターに申し込む手順を簡単にご紹介したいと思います。

 

モニターに申し込むにはまず、2つの条件に同意する必要があります。それは、

  • 食生活を改善して、愛猫に健康を維持してほしいと本気でお考えの方
  • もしずっと10%OFFの3,564円であれば、『モグニャン』の本商品(3,960円)を仮予約してもいいという方

モグニャン100円モニター

 

1つ目の条件についてですが、愛猫家の方なら誰もがずっと猫ちゃんに健康で長生きしてほしいと願っているはすです。だからその証拠に私のこのサイトを見てくれていると思うのです。

 

2つ目の条件、10%OFFになる【仮予約】については、もし仮に、猫ちゃんがモグニャンを食べなかった場合は【仮予約】を解約することもできます。

 

ですので、無理矢理モグニャンを10%OFFで買わされるといった心配はいりませんのでご安心ください(^^♪

 

2つの条件に同意できればあとは、お名前、住所などを入力します。
モグニャン100円モニター

 

次にクレジットカード支払いか代引きかを選択し、最後に同意にチェックマークを入れればモニターの申し込みは完了です。
モグニャン100円モニター

 

私の場合はモニターに申し込んだあと、2、3日でサンプル商品が届きました。
モニターに申し込んだ方は楽しみに待っていてくださね(^_-)-☆

 

モグニャンの公式サイトを見ていると、93.9%の愛猫家が試食会で「今までのキャットフードと違う!継続したい!!」と、回答したほどのキャットフードですから、カナガンのように100円モニターの募集が始まったのは本当に嬉しいですよね。私もずっと待っていましたので(^^♪

 

いきなり1.5sの本商品を買うには価格が高過ぎると思っていた方も多いと思います。モニター商品の量は50gですが、高級キャットフードのモグニャンをたったの100円で試せるのならお得ですよね(^^♪

 

モニター商品のモグニャンを猫ちゃんが気に入ってくれたら、本商品を1袋買ってみて一か月続けてみるのもいいと思います。我が家の2匹の猫ちゃんもそうでしたが、モグニャンは口コミ通り本当に食いつき抜群ですので、1袋なんかあっという間に無くなってしまいますがw

 

猫ちゃんが一か月モグニャンを食べ続けてくれたら、次は最大で20%OFFになるお得な定期コースでの購入をオススメいたします(^_-)-☆ 

 

私も最初はモニター商品を試したあと、1.5sの本商品を1袋だけ購入してから定期コースに申し込みました(^^♪

 

一か月モグニャンを食べさせ続けたら猫ちゃんにも変化が出てくると思いますよ。どういう変化かと言いますと、我が家の猫ちゃんの場合ですと、1つは食後すぐにフードを吐かなくなったということです。

 

我が家の猫ちゃんはガツガツと急ぎ食いをするタイプで消化不良で食後すぐに吐いていたのがそれがなくなりました。もう1つは、毛並みと毛艶、模様が本当に綺麗になりました。
モグニャンと猫

 

臨床獣医師の方が言っていましたが、良いキャットフードを食べさせていると猫ちゃんの毛並みと毛艶、模様も綺麗になるそうです。だから、診察に来た猫ちゃんを見ると良いキャットフードを食べているかがわかる。と、おっしゃられていました。

 

猫ちゃんの毛並みと毛艶は健康のバロメーターでもありますからね。毛並みと毛艶が悪ければ、体調が悪いかもしれませんので毎日のブラッシングでチェックするのをオススメします(^^♪

 

給餌量をちゃんと守って食べさせていたら、モグニャンはコストパフォーマンスにも優れたキャットフードですよ!

 

今すぐモグニャン100円モニターに応募したい方は必見!

※このサイトでは100円モニター専用のモグニャン公式サイトをリンク先として紹介していますが、今後、募集人数に達してモニター募集が終了してしまうと、通常のモグニャン公式サイトが表示されますのでご了承ください。

 

他にもモグニャンを試してみたいという方がおられると思いますので、モグニャンの口コミの一部を紹介しますね(^_-)-☆

モグニャンの口コミと評判

 

我が家の猫ちゃんは19才ともう老猫です。まだまだ元気で長生きしてほしいので、安全で栄養のあるキャットフードを探していたところ、モグニャンを見つけました。
届いた初日に与えてみたところ、1番驚いたのが、食いつきの良さです。あっという間に食器が空っぽになっていました。本当にお魚が大好物なんでしょうね。もともと我が家の猫ちゃんはお魚好きなので、白身魚が使われたモグニャンは抵抗なく食べてくれました。美味しくて安全で安心して食べさせられる栄養満点のキャットフードなんて、最高です。定期コースに申し込んで継続して食べさせようと思います。 39歳・女性

 

お魚の香りが良かったのか、とても食いつきがよく、ビックリしたのは下痢気味だったうちの猫ちゃんがコロコロウンチになり快腸になりました。やっぱりこれは原材料に整腸作用のあるリンゴや食物繊維がたっぷり含まれているカボチャやサツマイモが使われているおかげなのでしょうか?モグニャンをこのまま続けようと思っています。 40歳・女性

 

猫に消化吸収の悪い穀物は必要ないと知り、今までチェックしていなかったパッケージ裏の原材料名を見るようになりました。モグニャンは白身魚63%!キャットフード臭くなくて、レビューにあったように本当にお出汁の香り。人間でも美味しく食べられそうです!アレルギー症状のある子猫と成猫の2匹どちらにも与えられるというのも嬉しいです。成猫が少食なので、少量でもしっかりと栄養が取れるモグニャンを気に入ってくれて良かったです。 43才・女性

 

下痢も治り、子猫から老猫、アレルギー症状の猫ちゃんにも安心して食べさせられる安全なモグニャンキャットフードという感じですね。

 

キャットフード選びに悩んでいる方は1度試してみてはどうでしょうか?

 

今すぐモグニャンお試し100円モニターに応募したい方は必見!

 

モグニャンの原材料と成分、期待できる予防と効果は?

 

モグニャンでサンプルを試せる100円モニターの募集をしているのもわかったし、口コミでも評判が良いのはわかったけど、モグニャンの原材料には何が使われていて、成分の数値はどうなっているのか気になりますよね?

 

そこで、実際に購入して我が家の猫さんにも満足して頂いているモグニャンの原材料と成分、そして期待できる予防と効果をご紹介したいと思います。

 

↓モグニャンの原材料名一覧↓

白身魚63%、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン(西洋タンポポ)

 

モグニャンで使用されている食材は全部で19種類です。

 

私的にはキャットフードの中では少ない方で、凄いシンプルな感じがするのですが皆さんはどうでしょうか?

 

これは、モグニャンのコンセプトでもある『手作りレシピのキャットフード』からきているのです。

 

モグニャンで使用されている食材は、実際に手作りのキャットフードでも使われる食材ばかりなのです。

 

この19種類の食材の中でも私が気になった食材をご紹介していきたいと思います。

 

白身魚

 

モグニャンのメインでもあるこの白身魚。基本的にはタラを使用しているのですが、時期は収穫量によっては、変わることもあるそうです。

 

実際に私が販売元のレティシアンに問い合わせをし、確認いたしました。

 

モグニャンではこの白身魚を惜しげも無く、63%も使われていて、贅沢なキャットフードだなという感じです。

 

スーパーに買い物に行っても新鮮なお魚ってけっこうな値段がしますよね?

 

私はお刺身が好きですので、外食の時でもよくお刺身を食べますし、スーパーでもお刺身を買って食べるのですが、新鮮で良いお魚はどこに行ってもやっぱり高いです。

 

お寿司屋さんに行って刺し身の盛り合わせを頼めばけっこうな値段がしますからねw

 

ですので、モグニャンでは赤ちゃんでも食べられる上質で新鮮な白身魚(タラ)を63%も使用しているのは、かなりお金をかけていると思います。

 

63%も使用されている白身魚の成分がどうなっているのか気になりますよね?

 

猫さんとってどういう効果があるのか?

 

本来、猫さんは真性の肉食動物なのはご存知でしたか?

 

ですが、獣医師の方が日本で飼われている猫さんの診察をしていると、どうやら日本の猫さんは、チキンなどのお肉よりもお魚を好む傾向が強いそうです。

 

白身魚は猫さんにとって必要不可欠な動物性の良質なタンパク質が摂取でき、しかも低カロリーですので、肥満体質の猫さんには最適なキャットフードです。

 

さらに、白身魚は猫さんの消化器官に負担をかけることがありません。消化吸収も抜群です。

 

魚介類にはタウリンという成分も多く含まれるいるのですが、モグニャンに使用されている白身魚もタウリンを多く含んでおります。

 

このタウリンも猫さんにとってはとても重要な成分なんです。

 

チキンなどの獣肉アレルギー、赤身魚にアレルギーがある猫さんにでも安心して食べさせてあげることができます。

 

サツマイモ

 

まず、サツマイモをキャットフードに使用しても大丈夫なのか?という疑問と、今までのキャットフードにサツマイモが使われてこなかった理由も説明したいと思います。

 

とうもろこしなどの穀物類がメインで使用されている粗悪なキャットフードはスーパーやペットショップ、ホームセンターなんかではたくさん売っています。

 

楽天市場のランキングでも常に上位に入っているR社(仮名)でも、パッケージの原材料名を見てみると穀物類が原材料名の1番左の方に書かれているぐらいですからね。

 

猫さんは真性の肉食動物で穀物類の消化吸収が苦手なんです。ですので、穀物類が主原料のキャットフードを食べさせ続けていると、猫さんの消化器官、腎臓に負担をかけ続けることになり、私達の知らないところで猫さん達は苦しい思いをしており知らない間に病気になったりしてしまうんです。

 

モグニャンではこういった穀物類を一切使用しないグレインフリーのキャットフードですので、猫さんに負担をかけることも無く、安心して食べさせてあげることができます。

 

余談ですが、モグニャンはイギリスの安全で安心な工場・施設で作られています。イギリスではグレインフリーのキャットフードが多いようですよ。

 

動物愛護の先進国ですので、同じ家族の一員でもある猫さんやワンちゃんのことをしっかりと考えられてフードも作られているのでしょうね(^^♪

 

余計な話が長くなりましたが、サツマイモの話に戻したいと思います。

 

キャットフードの原材料にサツマイモを使用しても全く問題はありません。

 

モグニャンでは、穀物類を一切使用しない代わりに、貴重で良質な炭水化物源となるサツマイモを使用しているんです。

 

サツマイモは消化も良く、時間をかけて吸収されるため猫さんの身体に負担がかかりません。エネルギーの消費にも時間がかかるため、より長時間空腹を感じることがありません。

 

腹持ちがいいので、肥満猫さんのダイエットや、アメリカンショートヘアのような活発に動き回る猫種には最適です(^_-)-☆

 

食物繊維も豊富に含まれていますので、猫さんの便秘解消も期待ができますよ!

 

こんな良い食材が今までどうしてキャットフードに使われてこなかったか疑問に思いますよね?

 

それは、トウモロコシや小麦などと比べると高価だからなんです。

 

サツマイモは仕入れ値が高いから、安いトウモロコシや小麦を原材料として使用しているペットフードメーカーは猫さんの身体のことよりも企業の利益を優先してキャットフードを作っているということです。

 

キャットフードを作っている企業が、穀物類は猫さんの身体にとって負担になる食材だということを知らないわけがないんです!

 

だから、サツマイモは消化率の高い食材でありながら、キャットフードに使われることは多くなかったんです。

 

ですが、モグニャンでは高価なサツマイモを使用し、猫さんにとって最適なキャットフードとなっているのです!

 

 

リンゴ

 

モグニャンに使用されている原材料名を見た時に、リンゴが書かれているのを見てついつい二度見をしてしまいました。

 

猫さんにリンゴを食べさせても大丈夫なの?と思ったからです。

 

早速ネットで【猫にリンゴを食べさせても大丈夫?】と検索したらすぐ出てきました!

 

量を調節して食べさせることじたいは大丈夫なようです。

 

愛猫がリンゴに興味を持ち、食べたがるようであれば、すりおろしてドライフードにかけてあげたり、量を調節すれば、何ら問題は無いようです。

 

ということは、モグニャンは63%が白身魚で作られていますので、イギリスと日本のキャットフードの専門家が集まって開発されたモグニャンの原材料にリンゴが使われていても安心できますね。

 

リンゴには『ペクチン』という成分が含まれていて、整腸作用があり、クエン酸、リンゴ酸、ポリフエノールも豊富に含まれていますので、猫さんの疲労回復効果が期待できますね(^_-)-☆

 

サーモンオイル

 

サーモンオイルも猫さんにとってとても重要な栄養素なんです。

 

猫さんの体内では作り出せない必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が豊富に含まれています。

 

このオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が含まれたキャットフードというのはほとんどと言っていいほどないんです。

 

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が含まれたサーモンオイルはサプリメントで摂取するというのが多いそうです。

 

ですが、モグニャンでは原材料にサーモンオイルが含まれオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸も成分表で見ると豊富に含まれています。

 

オメガ6脂肪酸は細胞などが傷ついた時に出てくる炎症作用の働きがオメガ3脂肪酸の何十倍とも言われています。

 

この炎症作用は、免疫反応の結果であるため、猫さんの体内に侵入してきた病原菌などを攻撃し、感染症などになりにくくするというメリットがあります。

 

しかし、逆にアレルギーや自己免疫疾患、関節炎などの炎症が起こり過ぎるために健康状態の良くない猫さんではオメガ6脂肪酸が悪さをしてしまいます。

 

オメガ6脂肪酸は病原菌・感染症に対する免疫機能を高めるという効果があることから、皮膚炎などに非常に良く効果を発揮します。

 

そのため、オメガ6脂肪酸を摂取することで綺麗な皮膚を保ち、毛並みはふわふわ、毛艶はツヤツヤの美しい状態が保てるようになります。

 

オメガ3脂肪酸は炎症を抑える効果があり、アレルギーや関節炎、自己免疫疾患などの炎症が起こり過ぎている場合に効果を発揮します。

 

つまり、オメガ6脂肪酸とは逆の働きがあるということです。

 

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸はそれぞれ反対の働きをするような作用を持っているため、どちらかだけを取り過ぎたり、あまり取らなかったりすると、毛並みが乾燥したようにバサバサになったり皮膚の状態が悪くなったり、アレルギー症状が出やすくなったり、下痢や軟便になったりします。

 

そのため、両方をバランス良く摂取することが重要であるとされています。

 

基本的にはオメガ6脂肪酸よりオメガ3脂肪酸を摂取する方が重要と言われています。

 

その点モグニャンでは、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸がバランスよく含まれていて、ちゃんとオメガ3脂肪酸の方が多く含まれています。

 

しかも、オメガ3脂肪酸には腎臓の悪化を遅らせる作用があるので、オメガ3脂肪酸が多く含まれてるモグニャンを毎日食べさせてあげることによって、腎臓病の予防にも繋がります。

 

バナナ

 

こちらも猫さんに食べさせても大丈夫なフルーツなのか、Google先生に聞いて見ましたw

 

そしたらこちらもすぐに出てきました!

 

結果から言えば、猫さんにバナナを食べさせても問題ありません。大丈夫です。

 

バナナには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類の食物繊維が含まれていて、フラクトオリゴ糖、カリウムも豊富に含まれている栄養満点なフルーツです。

 

バナナは1本食べても100gで84kcalくらいしか無く、白ご飯の茶碗半分以下くらしかありません。

 

バナナはサーファーやスポーツ選手が試合の途中で食べるほど、エネルギー源として優秀なフルーツなので、食べると短時間でエネルギーが長時間持続するフルーツでもあるのです。

 

ただ、猫さんに食べさせる場合は注意が必要で、食べさせるのであれば、親指の先程度の大きさ、または輪切りで1cmほとが良いそうです。

 

バナナにはカリウムが豊富に含まれていますので、高齢猫で腎臓が悪い猫にカリウムの多いバナナを与え過ぎると、高カリウム血症になってしまう可能性があります。

 

ただ、バナナはスポーツ選手が試合の途中で食べるほどエネルギー源として本当に栄養満点なフルーツですので、夏バテ気味な猫さんには良いかと思います。
ただし、直接バナナを与える時は量は気を付けてくださいね!

 

これだけエネルギー源に溢れていて栄養満点なので、モグニャンの原材料にも使われているのでしょうね。

 

我が家の猫さんにももう長い間モグニャンを食べさせ続けていますが、体調も良く、下痢や軟便になることもありませんので、モグニャンに含まれているバナナの配合量もしっかりと計られて混ぜられているんだと思います。

 

ビール酵母

 

このビール酵母もキャットフードの原材料としては珍しいのではないでしょうか?

 

このビール酵母ですが、酵母本来の役割は、もちろんビールを醸造するためのものです。

 

ところが、近年若い女性を中心にヘルスケア商品として注目を集めているのはご存知でしょうか?

 

ビール酵母のサプリメントをドラックストアや通販番組などで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

ビール酵母の50%は実はアミノ酸でできているのは知っていました?

 

このアミノ酸は猫さんが生きていく上で必要不可欠な動物性の良質なタンパク質の元となる成分でもあるんです。

 

猫さんにとってとっても重要なタンパク質は主に、筋肉や骨、皮膚を作るといった役割をします。

 

ですので、タンパク質不足、アミノ酸不足になると、筋肉や骨が弱くなったり、毛並み、毛艶が悪くなったりします。

 

このアミノ酸は猫さんの体内で作ることは不可能ですので、キャットフードやサプリメントから摂取するしかないのです。

 

ですので、アミノ酸不足になっている猫さんが増えているのが現状なのです。

 

ですが、モグニャンの原材料にはアミノ酸が豊富に含まれたビール酵母も含まれていますので、しっかりと必須アミノ酸を摂取できます。

 

他にもビール酵母には、ビタミンB1・B6・B2・ニコチン酸・パントテン酸・B12・葉酸をはじめとする10種類のビタミンB群も豊富に含まれていて、さらに『グルタチオン』と呼ばれる抗酸化物質も含まれており、活性酸素を除去してくれので、猫さんにも優れたアンチエイジング効果が期待できます。

 

ビール酵母にはまだまだ栄養素が含まれていますよ!

 

ビール酵母はマンナン・グルカンという2つの食物繊維からできています。人間同様、食物繊維には整腸作用があり、猫さんの便秘改善が期待できます。

 

サツマイモ、リンゴ、バナナ、ビール酵母と整腸作用のある成分が豊富に含まれた食材がいっぱい使われていますので、下痢や軟便、便秘気味の猫さんにはかなりの効果が期待できますよ!

 

アルファルファ

アルファルファが『野菜の王様』、『奇跡の王様』と呼ばれているのはご存知でしょうか?

 

アルファルファが、なぜそのように呼ばれているのかと言いますと、アルファルファには必須アミノ酸をはじめ各種ビタミンや食物繊維、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、コリン、亜鉛、カリウムなど紹介しきれない程沢山の栄養素が含まれているからなんです。

 

しかも、アルファルファはモグニャンの原材料に使用されているカボチャやリンゴの栄養素の摂取を助けてくれる役割を果たしてくれます。

 

さらに、食物繊維と酵素が猫さんの便秘を予防してくれ、カリウムも含まれていますので余分な塩分の排出を助けてくれることによって腎臓病予防の助けにもなってくれるのです。

 

モグニャンの成分表

粗タンパク質

30%

粗脂肪

16%

粗繊維

3%

粗灰分

6%

水分

7%

オメガ6脂肪酸

2.95%

オメガ3脂肪酸

2.08%

リン

0.53%

タウリン

0.10%

ナトリウム

0.30%

カルシウム

0.62%

マグネシウム

0.12%

エネルギー

374kcal/100gあたり

 

 

今すぐ愛猫を健康にしたい方は必見!

>>モグニャンの詳細はこちら!