モグニャン キャットフード 悪評

悪評のあるモグニャンキャットフードを愛猫に与えてみた結果

先に画像を見てもらえればもう既に答えはわかると思いますw

 

 

私もまさか、こんな事になるとは思いませんでしたよ!

 

マロンは本当に警戒心が強くて、今まで新しいキャットフードを食べさせる場合は少しずつ切り替えていくやり方をしてきました。

 

ですが、もう1匹の猫、チョコの為にモグニャンだけが食器に入っている方を選んで食べていたのです!

 

マロンの食器にはアズミラというキャットフードに少しだけモグニャンを混ぜて入れていた訳ですよ。

 

ちなみに、アズミラも安全なキャットフードですよ(^_-)-☆

 

が、しかし、自分のご飯を無視してモグニャンに一直線w

 

そして、チョコがマロンのご飯を食べるハメになるという事態にw

 

警戒心の強いマロンでさえも、すぐにモグニャンを食べたということは、モグニャンの食い付きの良さはやっぱり評判通りなんですよ!

 

今すぐモグニャンキャットフードの詳細を知りたい方はこちらです

↓↓↓↓↓↓↓

>>モグニャンキャットフード公式サイト<<

 

本当に魚のいい香りがしますからねw

 

個体差はあると思いますが、私はこの時点で、モグニャンキャットフードの悪評の口コミは、与え方が間違っていたか、嘘だと思いました。

 

数日経過しても2匹ともアレルギー症状がでているといったこともありませんでしたので安心しました(^^♪

 

輸入販売総代理店レティシアンの私の担当の方に聞いてみたところ、「モグニャンはアレルゲンとなる原材料は除いて作られています。

 

個体差がありますので、100%アレルギー症状が出ないと言うことは言えませんが、チキンやサーモンと比較しても、モグニャンの主原料、白身魚はアレルギーになる可能性は低いです。」と、おっしゃっていました。

 

アレルゲンとなる原材料を除いて作られているのなら、アレルギーになる訳がないですよね(^_-)-☆

 

モグニャンの口コミでも、「モグニャンを食べさせてから耳の後ろ辺りを引っ掻く仕草をしなくなりアレルギー症状がマシになっていると思います。このままモグニャンを継続したいと思います」というのを見たことがあります。

 

モグニャンのひと粒の大きさも画像付きでわかりやすく紹介したいと思います。

 

長さは約9mm、幅は約5mmと他のキャットフードと比較すると小粒だと思います。

 

 

小粒のおかげか成分のおかげかはわからないですが、ガツガツと急ぎ食いをしても吐かなくなりました。

 

我が家の猫ちゃんたちは早食い王選手権に出したら優勝するのではないか!?というぐらいガツガツと早食いをするんですよw

 

ですので、吐かれても困りますので、一度に与える量を減らし、時間をおいて、何回かに分けて与える方法と食べやすい用に食器の高さも上げました。

 

手作り感満載の段ボールの食器台ですが(;^_^A

 

モグニャンを与えてから便の調子はどうか?

 

我が家ではトイレの猫砂にエバークリーンという少しお高い猫砂を使っています。

 

この猫砂!めちゃくちゃいいんですよ!

 

オシッコもすぐに固まるし、砂の香りも石鹸のようないい香りがするので、猫ちゃんがトイレに行ったあと猫ちゃんから石鹸の香りがするので、トイレに行ったな!とすぐわかります。

 

ですので、すぐに便の確認ができる訳なんですよw

 

で、モグニャンを食べさせてからの便の調子はどうかというと、下痢をする訳でもなく、軟便になった訳でもなく良好といった感じです♪

 

モグニャンで下痢や軟便になったという口コミをみたことがありますが、、切り替え方が間違っていたか、猫ちゃんの体質をわかっていなくて、いきなりモグニャンだけを与えたりしてませんでしたか?

 

もしくは、今までのキャットフードが添加物まみれで、モグニャンのような新鮮な食材を使い、無添加なキャットフードですと明らかに成分が違い過ぎますので、一時期だけ猫ちゃんの体調がおかしくなる可能性はあります。

 

猫ちゃんの身体は人間と違って小さくてデリケートですので、急にキャットフードを変えるだけでも下痢や軟便になったりするので気を付けて新しいキャットフード切り替える必要があります。

 

ですが、根気強くゆっくりと時間をかけて安全なモグニャンに切り替えていけば猫ちゃんの体調も戻る可能性もあります。

 

ですので、すぐに諦めずに、家族の一員でもある猫ちゃんと根気強く向き合ってあげてくださいね^_?☆

 

>>猫ちゃんのためのモグニャンキャットフード公式サイトはこちらです<<