キャットフードの基本知識〜フードは何を選べばいいの?〜

キャットフードの基本知識〜フードは何を選べばいいの?〜

 

生きていくうえで大事なこと。

 

それは食事です。

 

人間のように好きな物を選んで食べることができない猫ちゃん。

 

飼い主さんにとって愛猫のフード選びはとても大事なことです。

 

そこでキャットフードの基本を見ていきましょう。

 

○猫に必要な栄養素

猫に必要な栄養素はタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの五つです。

 

人間と一緒ですね。

 

これらの五大栄養素の中で最も大切なのはタンパク質です。

 

タンパク質

筋肉や血液など体を形成するのに欠かすことのできない大切な栄養です。

 

猫ちゃんの体はタンパク質が分解されやすいので、高タンパクのフードを選びましょう。

 

そして植物性タンパク質は消化に負担がかかるので、消化吸収の良い動物性タンパク質を選んであげて下さい。

 

脂質

皮膚や被毛を形成するのに大切です。

 

ただ脂肪を摂りすぎると肥満の原因になるので気を付けましょう。

 

炭水化物

はっきり言って猫にはあまり重要度が低いです。

 

ただ、繊維質なので適量を与えましょう。

 

ビタミン

感染予防や皮膚、被毛の維持、また出血時の止血などの役割をします。

 

ミネラル

少ないですが必要な栄養です。

 

○毛玉ケア…実はあまり意味がない

 

猫ちゃんは頻繁に体を舐めるほどキレイ好き。

 

その時に一緒に毛を飲み込んでしまい、毛玉を出そうと何度も嘔吐して見ていてかわいそうになります。

 

でも、人間と違い猫ちゃんの嘔吐はごく自然なことで、飼い主さんが考えているような大変なことではないのです。

 

吐き出せなくてお腹の中で毛玉になり留まってしまう毛球症ですが、毛玉ケアとうたっている市販の安価なフードは実はあまり意味がないようです。

 

獣医師さんによると、市販の毛玉ケアのフードを食べていた猫ちゃんも、毛球症で来院することもあるそうです。

 

毛玉ケアのフードじゃなくても、安全で良質なフードを与えていれば、毛玉をちゃんと吐き出すそうですよ!

 

○フードは少しずつ切り替える

 

猫ちゃんはわりと繊細な生き物で、いきなりフードを変えたりすると警戒して食べてくれなかったり、便が緩くなることがあります。

 

慣れたフードから初めてのフードに変わると、体が適応できないのです。

 

そんな時は10日〜2週間かけていつものフードに新しいフードを混ぜ、徐々に量を増やしてあげて下さい。

 

そうすれば体調を崩すことなく、スムーズに切り替えられますよ。

 

○格安キャットフードにご用心!

 

ホームセンターなどに並んでいる格安のフードには添加物が多く含まれています。

 

店頭で見かけるフードは防腐剤や酸化防止剤が含まれている為、賞味期限も長く在庫として店頭に並べておけるのです。

 

逆に、新鮮で無添加のフードは賞味期限もそれほど長くない為、店頭には置けず、ネット通販限定で販売する場合が多いんですよ!

 

○国内産と外国産、選ぶならどっち?

 

市販の安価な国内産のフードは飼い主さんのお財布に優しいのですが、肉・魚よりも穀類が豊富です。

 

逆に外国産のフードは値段が高めですが、肉・魚が主原料になっています。

 

国内産でも肉や魚を主原料に、栄養バランスが整ったフードはありますが、やはり値段は高く、通販限定で販売されています。

 

市販の安価な国内産に比べ、外国産の方が栄養バランスを考えられ、猫の健康の為に作られているので、猫ちゃんに安心して与えられます。

 

人間が食するものはなるべく「国内産」を選ぶのですが、猫ちゃんの場合は「外国産」の方が安心なのですね。

 

キャットフードの基本を調べてみました。

 

一昔前は「ねこまんま」だったのに、猫ちゃんも贅沢になりましたよね。

 

安全で良質なフードを与えていると、飼い主さんが食べている食べ物に手を出さなくなるので、イタズラ食べも無くなりますよ!

 

猫ちゃんは家族の一員です。

 

猫ちゃんの健康を考え、1番いいキャットフードを選んであげて下さいね(^_-)-☆

 

 

モグニャンを100円で試してみたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓
>>モグニャン100円モニターの詳細はこちら!
※当サイトでは、モグニャン100円モニター専用公式サイトへのリンク先を紹介していますが、人数が1,000名様に達した時点で募集終了となり、通常のモグニャン公式サイトが表示されるようになっていますのでご了承くださいm(_ _)m