モグニャンキャットフードの成分は安全?危険?

モグニャンキャットフードの成分は安全?危険?

 

モグニャンキャットフードの成分は天然素材が主成分で、猫の体にとって良くない、あるいは食べ続ける事で悪影響を及ぼしかねない危険な副産物や添加物も一切使用されておりません。

 

実は、有名メーカーのキャットフードには添加物や保存料が使われてるケースが多いのは知っていましたか?

 

その点モグニャンキャットフードには、添加物も保存料も含まれてないので、大切な家族である猫ちゃんのご飯としてあげるのには最適です(^^♪

 

今すぐモグニャンの詳細を知りたい方は必見!

>>モグニャンの詳細はこちら!

 

 

人工的な添加物や副産物(副産物というのは人が口にできない様な粗悪な原材料をキャットフードに混ぜてるのです。例にして言えばミールパウダー・家禽ミール等がそうです。)が含まれてないキャットフードは限りなく安全ですし、猫ちゃんの体にも優しいご飯です。

 

モグニャンキャットフードは飼い主さんから見ても猫ちゃんからみても、長所しかないキャットフードの様に見えますが、なぜ悪いうわさがつきまとうのでしょうか?

 

それにはきちんとした理由があるんです。

 

基本的に日本の猫ちゃんはお魚が大好きです。ですが、そうでない猫ちゃんがいるのも事実です。

 

人間と同じで猫ちゃんにも好き嫌いがあります。チキンが好きな猫ちゃんもいればお魚が好きな猫ちゃんもいます。

 

猫ちゃんの好み次第で、体にいいご飯でも食べてくれなければ本末転倒ですよね。他にもモグニャンキャットフードが不安になる理由は、消費期限が短かったり添加物が天然素材といっても本当に大丈夫なのかと不安になる可能性も少なからずあると思います。

 

消費期限が短いのは長期保存できるような危険な保存料や酸化防止剤を使用していない証拠でもあり、安全な証拠です。

 

ご飯の好みがハッキリしてる猫ちゃんからすれば、どんなに品質のいいご飯でも食べないケースもありますし、飼い主さんは猫ちゃんの健康を願ってるのに、猫ちゃんからすれば「前のご飯でいいにゃ〜」って言ってる時もあるかもしれないですよね

 

ですが、獣医師などの専門的な視点から見ても、モグニャンは品質重視の安心安全で猫ちゃんの嗜好に合わせた最良のキャットフードだそうです。

 

モグニャンキャットフードの主成分の中で一番多いのは白身魚で全体の63%も入っています。かなり贅沢ですよね(^^♪

 

お次に、サツマイモ・豆・サーモンオイル・ひよこ豆・レンズマメ・クランベリー・リンゴ等、人が食べても大丈夫な果物・野菜などが多種類豊富に含まれてます。

 

モグニャンの原材料名一覧の写真です

↓↓↓↓↓

 

猫ちゃんが食べないと体によくないし、何か危険な物質が入ってるのかと心配されるかもしれないですが、モグニャンキャットフードには安全な素材しか入ってません。

 

ご飯の与え方次第では新しいご飯を食べなかった猫ちゃんが、食べてくれるようになるのでこのご飯ダメかなと思わずに、猫ちゃんがご飯を美味しそうに食べてくれるように工夫をするのも飼い主様の役目で大事なことです。

 

新鮮で品質のよいキャットフードであるモグニャンを大切な家族である猫ちゃんに食べてもらって、健康になってもらい、一日でも長く猫ちゃんと一緒に過ごしてあげてくださいね(^_-)-☆

 

 

>>モグニャンの詳細はこちら!