【成分は危険?】モグニャンキャットフードの詳細

【成分は危険?】ねこのきもちでも紹介されたモグニャンとは?

 

愛猫家の方ならご存知の有名雑誌、『ねこのきもち』でも紹介された大人気のモグニャンという高級キャットフードはご存知でしょうか?

 

イギリスの高級キャットフード『カナガン』のスタッフが日本の猫ちゃんのために総力を挙げて開発したキャットフードです。

 

今すぐモグニャンの詳細を知りたい方は必見!

>>モグニャンの詳細はこちら!

 

 

そのモグニャンに危険な原材料が使われていないか、どういうところが日本の猫ちゃんのためのキャットフードなのか気になりますよね?

 

私も気になり調べましたので、ご紹介したいと思います。

 

獣医師の方がおっしゃられていましたが、日本の猫ちゃんはお魚を好む傾向が強いそうです。

 

このモグニャンというキャットフードには、人間でも食べられるほど新鮮な白身魚が63%も贅沢に含まれています。

 

 

白身魚が63%も含まれているところがお魚を好む日本の猫ちゃんのために作られたという1番の理由です。

 

大手のペットフードメーカーでは、お魚がメインのキャットフードと言ってもナマズを使用していたり、香料や調味料でお魚風味に味付けしているのはご存知でしょうか?

 

モグニャンで使用されている白身魚は主にタラが使用されています。

 

輸入販売元のレティシアンに問い合わせをし、確認致しました。

 

大手メーカーと比べると、これだけでもかなり贅沢と言えると思います。

 

そして、白身魚にはタウリンという猫ちゃんにとって重要な成分が豊富に含まれています。

 

タウリンは猫ちゃんの肝臓や心臓の働きをサポートしてくれる重要な栄養素です。

 

タウリンが不足すると猫ちゃんの綺麗な瞳が失明になる危険性もあります。

 

白身魚以外の原材料も、新鮮な野菜やフルーツが使われています。

白身魚63%、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン(西洋タンポポ)

モグニャンはグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードですので、穀物アレルギーの猫ちゃんにも向いています。

 

 

サツマイモやバナナには食物繊維が豊富に含まれていて、リンゴにはペクチンという整腸作用のある成分が含まれていますので、便の状態も良くなります。

 

それに、フルーツと野菜類には豊富なビタミン群も含まれていますので、原材料だけでビタミン不足になることはないと思います。

 

大手メーカーのキャットフードでさえも、天然素材のみで、必要な栄養素を摂取することはできていません。

 

ですが、モグニャンでは猫ちゃんに必要な栄養基準を満たしたバランスのよい栄養素が十分に含まれていて、それを摂取することが可能です。

 

過去に大手のペットフードメーカーが、海外で発売されている療法食を日本で発売した時、嗜好性はとても良く、日本の猫ちゃんたちも良く食べると言う宣伝をしていましたが、食い付きも悪くほとんど食べませんでした。

 

この時の大きな間違いは、海外の猫ちゃんたちはチキンやビーフを好みますが、日本の猫ちゃんの場合は、お魚が好きだったということです。

 

その後、大手のペットフードメーカーは海外の工場 で、日本の猫ちゃん用にお魚がメインのレシピに変更して、販売量を増やしました。

 

その点、モグニャンの原材料のメインは、白身魚(タラ)なので、日本の猫ちゃんの嗜好性は高いと言えます。

 

モグニャンは危険な原材料や添加物、保存料は一切使用されていない安全なキャットフードで、猫ちゃんに安心して食べさせてあげることができます。

 

現役の臨床獣医師も認めたモグニャンを1度お試しあれ!

 

 

>>モグニャンの詳細はこちら!